デイサービスの夜明け


朝日に照らしだされたデイサービス。とても神秘的な雰囲気でした。
まるでしばらくの間、眠っていたかのような夜明けでした。
たくさんの人のたくさんの願いがこめられたデイサービスが目の前にあることが感動でした。
介護することを通して接してゆく人と人との関係。今の自分でいいの?
あぁ、この希望苑とともに成長してゆこうと願わされました。
たくさんの人に支えられてここまで歩んでこれたこと。応援してくださった皆さん、ありがとうございます。
今もこれから先もけっしてひとりではないことが、はっきりと感じることができました。
背負うものが増えたけれども、たくさんの仲間ができたことがなによりの支えです。
これからも、どうぞあたたかく見守ってください。よろしくお願いします。

平成19年5月1日

藤 村 尚 城