介護保険改定(その4)


2006年4月を要支援でむかえる方は経過的要介護者という区分に該当します。今年の10月までは経過措置がとられます。
経過的要介護者と現行の要支援者との違いはデイサービス利用料金の単位数に違いがみられます。一回あたりのデイサービス料金が 4時間以上6時間未満の方は529円、6時間以上8時間未満の方は707円となり、支給限度額61500円(6150単位)の内で必要回数デイサービスを利用することができます。
10月までに介護保険の更新もしくは見直しによって要支援1及び要支援2に該当した方は、今までのケアマネージャーとは変わり(地域包括支援センターからケアプラン作成を委託された場合変わらないこともあります。)、地域包括支援センター(市役所など)でケアプランが立てられます。
津市では3ヶ月に一度、訪問もしくは電話によってケアプランが立てられます。市役所に問い合わせたところ、要支援1、もしくは2となった場合も今までどおり(回数、時間帯)にデイサービスを利用することが可能ということです。
希望苑では介護予防通所介護の指定を受けましたので要支援の方は今までどおりサービスを利用していただくことは可能です。
ご不明な点がありましたら、おきがねなくご連絡ください。
※平成18年3月17日に更新しました利用料金表は平成18年4月より適用されます。

お問い合わせはこちら