介護保険改定(その2)


通所介護は大きく分類すると4つの通所介護に変わります。従来通りの一般型通所介護、介護予防通所介護、指定療養通所介護、認知症対応型通所介護 に分かれます。
ここで要支援の方の通所介護利用に制限がでてきます。 介護保険改定(その1)でお話ししたように、要支援の方は経過的要介護者となり、その間は従来型の通所介護を利用することができるのですが、 4月以降に認定結果が変わった場合(要支援1、要支援2になった場合)、従来型の通所介護を利用することができません。 要支援1、要支援2の方は介護予防通所介護に移行されます。そして利用料金が、定額制になります。
要支援1→2226単位(月の支払いが2226円)
要支援2→4353単位(月の支払いが4353円)
となります。この決められた利用料金で一ヶ月何回デイサービスを利用することができるかは、まだ決定されていません。
希望苑では介護予防通所介護の指定を受ける予定ですので、要支援の方も今まで通りに利用していただくことはできますが、月何回利用できるかは まだ分かりません。
今後、新しい情報を知り得たら更新してゆく予定です。介護保険がなかなか複雑になってまいりましたので、ご不明な点がありましたらご連絡ください。

お問い合わせはこちら