椎間板ヘルニア!?


実は先週の木曜日、救急車で病院まで搬送されました。
自宅でホームページの更新をしていたら、左四肢に特に左肩から指先にかけて、しびれがありました。
その後、左腕が動かなくなり脳梗塞と思いすぐさま救急車を呼びました。
2回、CTを撮りましたが、脳には異常がないことが分かり、神経内科で頚椎のMRIを撮りました。
そうしたら、骨と骨の間のなにかが?出たらしくそれが神経を圧迫しているそうです。
ランニングマシーンで走っている際ズッート上を向いていたんですね。そのとき頚椎を痛めたのかなと推測しました。どれだけ一生懸命ティッシュペーパーをとろうとしてもとれないのです。指先に力が入らないのです。
実際左の腕がきかなくなった時、本当に大変でした。それも日常生活でできないことがこれでもかと言うぐらいたくさんありました。本当にささいなことができない。そして、そのことがすごくストレスになる。
ドクターに「すぐにリハビリをして下さい。」と言われました。握力も20`もない状態でしたが、幸いにも一週間ぐらいで50`ぐらいはでるようになりました。
しかし、今回のことを通して体の自由がきかないことがどれだけ大変なのか学ばされました。
高齢の方は年とともに体の機能がレベルダウンしてくる。そのことがどれだけ大変なのか、また、片麻痺の方がどれだけの不自由をされているのか少しだけですけれども経験させていただきました。
相手の立場に立ち相手の気持ちを理解しなさいと教えられてきましたが、そのような知識はどこかにふっ飛んでいきました。 このことを通してもっともっと高齢者の方と深く交わりができたらと思いました。