非言語的コミュニケーション


人間には意思の疎通をはかるために言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーションのふたつから情報を収集すると言われています。
非言語的コミュニケーションとは、しぐさ、表情、声の抑揚、動作など言葉ではないけれども、相手を感じとる情報のひとつです。
コミニュケーションの7〜8割はこの非言語的コミュニケーションから感情・意思などを読み取ると言われています。
特に高齢者を含み、弱者の立場にある方は非言語的コミュニケーションを大事にしなければなりません。
人間の赤ちゃんがママに対して訴えるコミュニケーションこそ非言語的コミュニケーションです。
普段からの注意深い観察が、この能力を向上さすと言われています。