落語・流しそうめん



【写真をクリックすると大きくなります】

今日は流しそうめんと学習院大学の落語研究会の学生さんに落語を披露していただきました。
初めて流しそうめんをデイサービスで行いましたがなんとか無事におそうめんが流れてくれました。
落語も本格的でとても楽しい一日でした。



竹を加工するのがすごく大変で、テーブルの上にセットしていざそうめんを流し始めるといたるところで水もれがありました。
竹のふしの部分にそうめんがひっかかったり、、竹自体がそってしまって傾斜が十分とれないところがあったりと結構難しかったです。 あちあちでハプニングの連続でしたが、それもまた楽しかったです。



近所の子供たちも参加していただいて、とてもにぎやかなデイルームになりました。
なにが流れてくるか分からない流しそうめんで、にぼしや果物も流してみました。
皆さん、かなり真剣になっておそうめんや果物を目で追っかけていました。
たしかに、お箸でつまもうとしていた瞬間、お隣さんにさっと取られてしまうと「あっ!」という気持ちになりますね。



落語も学生の皆さんが、おひとりおひとりお話しをしてくれました。
三味線も持参していただいて知らぬ間に聞き入っていました。
利用者さんの笑い声もたくさん聞こえてきましたが、学生さんたちを見る目は「がんばれ〜!」って言っているようにも見えました。



和服姿もとっても似合っていて、三味線を奏でる姿はとてもすばらしかったです。
来年も希望苑に来て下さるそうで、ぜひ楽しみにお待ちしています。
皆さん、本当にありがとうございました。



© Nozomien All rights reserved.