しろがねの梅



【写真をクリックすると大きくなります】

あぁ今日はなんて暖かい日なんでしょう。
もう、春が指先まできているのでしょうか。
結城神社の梅はまだ咲いていないのですが、「しろがね」の梅は咲いていました。



介護知識のある方は、どうしてこんな急な坂道のあるところに行ったの?って言われるかも知れません。
空気を胸いっぱいすいこんだら、「春の香り」で満たされます。
春の香りって?そう、この急な坂道を下りた人は感じることができるのです。



今は病院で亡くなる方がたくさんおられます。昨日、初めて友人に聞いたことがあります。ムコ多糖症候群という難病です。
小さな子供たちの病気です。子供たちは10歳から15歳くらい生きることができるのです。この世の中にはたくさんの病気があります。
なぜ、僕たちは命にかかわる病気にならないのでしょうか?なっておられる方もきっといらっしゃいますね。
僕たちはきっと、不思議な命の中で生かされているのですね。



今日の日を心から感謝します。
他の施設からたくさんのおじいちゃん、おばあちゃんがいっぱい来ておられました。
ふっと、希望苑のおじいちゃん、おばあちゃんに目がいきました。
目がじっーと深く、生きていると自分は、今、生きていると、黒い瞳でした。



どうぞ、天に召されるまで、今、生きていることを胸いっぱい感動で満たされてください。
僕からの願いです。そして、僕からの祈りです。



『あなたといたい』この曲は山元加津子さんが作曲されたものです。
kakkoさんに許可をいただいて、使わせていただいています。
kakkoさんは石川県明和養護学校教論。教師と生徒という関係ではなく、
障害を持った子供達をひとりひとりのかけがえのないより深い心の友として、
同じ目線にたった愛情に満ちた活動を続けています。

『たんぽぽの仲間たち』http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/


© Nozomien All rights reserved.