ご挨拶


皆様、初めまして。 介護の現場しか知らなかったものが今こうして老人福祉事業に関わらせていただいております。
少しだけ、希望苑(のぞみえん)に対する思いを述べさせていただきます。
現代は働いている方の労働条件の変化、女性の方の社会参加、都市への移住など社会の変化に伴い、核家族化が進んだり、高齢者の方の独立世帯が増えてきたりと家族構成変わってまいりました。このことによって介護を必要とする方の介護がなかなか難しくなってまいりました。高齢者による高齢者の方の介護も増えてきているのが現状だと思います。 高齢者の方は住み慣れた家や地域また、自宅での生活をこころから願ってでおられると思います。

デイサービスセンター希望苑(のぞみえん)はそのような方が家庭での生活をおくれることができるように少しでもお手伝いをさせていただきたいと思っております。
介護を通してご利用者の皆様に、こころもからだも元気になっていただければそして、ご自宅に帰ってもまた明日、希望苑に行きたいなと楽しみに思っていただければ嬉しいなすばらしいなという思いでお仕事をさせていただいています。

希望苑はその名の通り、希望をもって生き生きとした毎日が過ごせるように願っています。そして、こころ安らかな最後の日を迎え、次の世界に大きな希望をもって天駆けていただけたらと願っております。
このことが希望苑の根本的事業方針です。

希望苑にご来苑されるご利用者の方と家族のような関わりをもたせていただき、素敵な笑顔が一回でもふえたらという思いでこころとこころがふれあう、あたたかい関係を築ける施設でありたいと願って介護をさせていただきたいと思っております。

今日の福祉サービスは多様化し、さまざまな居宅サービスが日々変化しながら増えてきております。複雑化されたサービスの中からどのサービスを選択しどう利用したらよいのか知ることも難しくなってまいりました。

希望苑は高齢福祉事業をはじめ、障がい福祉などさまざまな福祉分野を総合的に地域に開けた事業として展開し、個々人に応じた最適なサービスが提供できるように日々実践し願いながら頑張ってまいります。
これからもどうぞ希望苑の発展を、あたたかく見守っていただければ本当に嬉しいです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
施設長